とうもろこしのポタージュ味噌玉|おすすめ味噌玉レシピ

とうもろこしのポタージュ味噌玉|おすすめ味噌玉レシピ

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
お湯を注ぐだけでお味噌汁が楽しめる味噌玉。
今回はとうもろこしの甘みをいかした、ポタージュ味噌玉のレシピをご紹介します♪
可愛い見た目で写真映えもする味噌玉です。

とうもろこしの味噌玉ポタージュの材料

○材料(1杯分)○
・みそ 20g(約大さじ1)
・牛乳 180cc〜(お好みの濃さで)
・かつお粉末 (鰹節を指で粉にしてパラリでOK)
・黒ねりごま 適量
・とうもろこし 適量
・オクラ 適量
・トマト 適量
※とうもろこしとオクラは別で茹でておく
※トマトはセミドライがおすすめ

とうもろこしポタージュ味噌玉の作り方

①みそとかつお、オクラ、トマトをボウルの中でしっかりと混ぜます

②混ぜ合わせた味噌を手のひらでクルクルと丸めます

③丸めた味噌玉の表面に茹でたとうもろこしの粒を乗せていき、真ん中に黒練りゴマをちょこっと乗せる


※花びらのように乗せていくと可愛くておすすめです♪

④味噌玉を飲むときは温めた牛乳で味噌玉を溶かしてお召し上がりください。

全国各地の味噌で味噌玉を作ろう♪

味噌玉を作るときはお気に入りのお味噌で作ると良いですが、やはり味噌によって味が大きく異なります。

味噌は地域や味噌蔵によって味が千差万別!お気に入りの味噌を見つけたい方はドットミソの味噌玉道中セットがおすすめです♪

ドットミソの味噌玉レシピをもっと見たい方はこちら!

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
ブログに戻る
  • 離乳食で味噌汁はいつから飲んでいい?冷凍できる?

    離乳食で味噌汁はいつから飲んでいい?冷凍できる?

    忙しい毎日を過ごすママやパパにとって、毎日の離乳食づくりはひと仕事。栄養バランスや安全性も考えながら、できる限り手軽に準備したいですよね。 実味噌汁は離乳食にもぴったりなこと、知っていますか? 今回は、「離乳食の味噌汁」をテーマに、味噌汁の冷凍保存方法やお手軽おすすめレシピを紹介します。 味噌汁をうまく活用して、離乳食期を子供も親も笑顔で過ごしましょう! 離乳食の味噌汁はいつから飲んでいい? 味噌汁を離乳食でいつから出していいのか、悩む方も多くいらっしゃいます。 味噌汁が飲める明確な決まりはありません。お子様の離乳食の進み方に合わせて、少しずつ取り入れていきましょう。 一般的には、離乳食を始めて少し時間がたった中期(7~8ヶ月頃)からのスタートがおすすめです。 それぞれの時期に適した味噌汁のコツを紹介します。 離乳食初期(5~6ヶ月頃) 味噌を使わず、野菜や豆腐などの具材を細かく刻んだものをお湯で煮て柔らかくします。素材に合わせて繊維質のものはすりつぶすなどします。 最初は出汁を使わずにそのまま、かつおだしや昆布だしに慣れてきたら出汁で具材を煮て食べさせます。 食べさせるときは、温度に注意し十分に冷ましましょう。 離乳食中期(7~8ヶ月頃) いよいよ味噌を少しだけ使います。具材を煮た汁に、小指の第一関節の3分の1程度(1cm四方程度)を目安に味噌をとり溶かします。 汁の目安は50cc程度とし、色がほんのり茶色になるくらいの濃さです。 最初に食べさせるときは、一日子供用スプーン一杯から始め、少しずつ量を増やしていきます。 離乳食後期(9~11ヶ月頃) 通常の味噌汁を与え始めますが、味噌の量は少なめにし、薄味を心がけます。具材も一口大に切り、食べやすくします。 あくまで目安なので、具材の大きさや味噌汁の量は、お子様の離乳食の進み方に合わせて調整してください。 離乳食完了期(12ヶ月以降) 大人用に通常の家庭の味噌汁と同様に、適切な量と濃さで与えることができます。ただし、塩分の取りすぎに注意しましょう。 離乳食にピッタリの味噌の選び方 離乳食だからといって、特別に味噌を用意する必要はありません。ただし、良い味噌を 原材料がシンプルなもの 表示ラベルを確認し、大豆、米または麦、塩のみの原料でできている味噌を選びましょう。地方によっては、 すり味噌 ご家庭で味噌汁を食べ慣れていない場合は、すりみそから試してみましょう。 お湯で溶くだけ!離乳食から食べられる「無添加味噌汁の素」  ...

    離乳食で味噌汁はいつから飲んでいい?冷凍できる?

    忙しい毎日を過ごすママやパパにとって、毎日の離乳食づくりはひと仕事。栄養バランスや安全性も考えながら、できる限り手軽に準備したいですよね。 実味噌汁は離乳食にもぴったりなこと、知っていますか? 今回は、「離乳食の味噌汁」をテーマに、味噌汁の冷凍保存方法やお手軽おすすめレシピを紹介します。 味噌汁をうまく活用して、離乳食期を子供も親も笑顔で過ごしましょう! 離乳食の味噌汁はいつから飲んでいい? 味噌汁を離乳食でいつから出していいのか、悩む方も多くいらっしゃいます。 味噌汁が飲める明確な決まりはありません。お子様の離乳食の進み方に合わせて、少しずつ取り入れていきましょう。 一般的には、離乳食を始めて少し時間がたった中期(7~8ヶ月頃)からのスタートがおすすめです。 それぞれの時期に適した味噌汁のコツを紹介します。 離乳食初期(5~6ヶ月頃) 味噌を使わず、野菜や豆腐などの具材を細かく刻んだものをお湯で煮て柔らかくします。素材に合わせて繊維質のものはすりつぶすなどします。 最初は出汁を使わずにそのまま、かつおだしや昆布だしに慣れてきたら出汁で具材を煮て食べさせます。 食べさせるときは、温度に注意し十分に冷ましましょう。 離乳食中期(7~8ヶ月頃) いよいよ味噌を少しだけ使います。具材を煮た汁に、小指の第一関節の3分の1程度(1cm四方程度)を目安に味噌をとり溶かします。 汁の目安は50cc程度とし、色がほんのり茶色になるくらいの濃さです。 最初に食べさせるときは、一日子供用スプーン一杯から始め、少しずつ量を増やしていきます。 離乳食後期(9~11ヶ月頃) 通常の味噌汁を与え始めますが、味噌の量は少なめにし、薄味を心がけます。具材も一口大に切り、食べやすくします。 あくまで目安なので、具材の大きさや味噌汁の量は、お子様の離乳食の進み方に合わせて調整してください。 離乳食完了期(12ヶ月以降) 大人用に通常の家庭の味噌汁と同様に、適切な量と濃さで与えることができます。ただし、塩分の取りすぎに注意しましょう。 離乳食にピッタリの味噌の選び方 離乳食だからといって、特別に味噌を用意する必要はありません。ただし、良い味噌を 原材料がシンプルなもの 表示ラベルを確認し、大豆、米または麦、塩のみの原料でできている味噌を選びましょう。地方によっては、 すり味噌 ご家庭で味噌汁を食べ慣れていない場合は、すりみそから試してみましょう。 お湯で溶くだけ!離乳食から食べられる「無添加味噌汁の素」  ...

  • 味噌玉は冷凍保存できる?保存期間・ぬるくならない食べ方も紹介

    味噌玉は冷凍保存できる?保存期間・ぬるくならない食べ方も紹介

    味噌玉は冷凍できる便利な常備菜! 味噌玉の冷凍方法、賞味期限、おいしい食べ方を解説します。

    味噌玉は冷凍保存できる?保存期間・ぬるくならない食べ方も紹介

    味噌玉は冷凍できる便利な常備菜! 味噌玉の冷凍方法、賞味期限、おいしい食べ方を解説します。

  • もらって嬉しい食べ物ギフト!味噌玉ギフトが喜ばれるシーンを紹介

    もらって嬉しい食べ物ギフト!味噌玉ギフトが喜ばれるシーンを紹介

    味噌玉はどんなギフトとして贈ることができる?どんな人に喜ばれそう?ドットミソの味噌玉がギフトに役立つシーンを紹介します。

    もらって嬉しい食べ物ギフト!味噌玉ギフトが喜ばれるシーンを紹介

    味噌玉はどんなギフトとして贈ることができる?どんな人に喜ばれそう?ドットミソの味噌玉がギフトに役立つシーンを紹介します。

1 3